使い捨てコンタクトの安全性

使い捨てコンタクトレンズには、使用期間で、1日使い捨て、1週間使い捨て、2週間使い捨て、1ヶ月使い捨ての4種類があります。それぞれその用途によって使っている人が多いと思いますが、その安全性がどうなっているのかが
問題だと思います。

まず、

●1日使い捨てコンタクトですが、
これは毎日取り替えるタイプです。衛生上も、もっとも清潔です。酸素透過性も良く、眼にいいレンズです。それゆえ、コストは、他のものと比較すると、若干高めになります。この手のタイプは毎日の使い方を正しく行っていれば問題ないのではないかと思います。

次に、
●1週間使い捨てコンタクトは、1週間連続装用になります。
寝るときもコンタクトをつけたままですので、ケアが不要なだけではなく、朝装用する手間もかかりません。しかし、連続装用は、眼に負担がかかることもあり、装用者は減少傾向にあります。1日使い捨てコンタクトと比べると、酸素透過性は悪いです。

また
●2週間使い捨てコンタクトですが、
毎日コンタクトをケアし、2週間使ったところで、新しいコンタクトに変える使い捨てコンタクトです。
1日使い捨てコンタクトと比べると、酸素透過性は悪いです。将来的な目の負担を考慮しないと
いけないかもしれません。

最期に
●1ヶ月使い捨てコンタクトですが、
メリット
1ヶ月使い捨てコンタクトの使い方は2週間使い捨てコンタクトと同じです。1日使い捨てコンタクトと比べると、酸素透過性は悪いです。


1日使い捨てもそうですが、これら使い捨てのコンタクトは、使い方を誤ると、目に負担がかかってしまうのでその使い方は各自気を付けて貰いたいとものと思います。

 

使い捨てコンタクトのメリット

使い捨てコンタクトのメリットは、その名の通り「使い捨て」なので、常に清潔なコンタクトレンズを装着できることがあります。何よりも、便利だと思います。例えば、外で落としたなどとか、通常のコンタクトだとそれを探す手間が発生します。

しかし、使い捨てなら、それはあまり気にならないのではと思います。海などに入ったとき、コンタクトをなくすことがありますが、コンタクトをなくしても、経済的なダメージは少ないのではないかと思いますまた、使い捨てコンタクトの中にはケアが必要じゃないものがあるので、ケア用品を持っていく必要がないです。なので旅行や出張等で荷物が軽くなります。これはとても便利ですね。

さらに使い捨てコンタクトはメジャー商品なのでどのお店に行っても置いてあり、入手しやすいというメリットがあります。地方の小さなお店では取り扱っておりません等ということはまずありません。
そして、何よりもネットなら処方箋なしでコンタクトを購入できるということです。処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。しかも、普通の店で買うよりも安価な場合が、大半です。このように、使い捨てコンタクトには、様々なメリットがありますので、利用者も年々増加傾向にあります。しかし、その使い方には気を付けてもらいたいものだと思います。

使い捨てコンタクトの購入方法

現在は、さまざまな方法で購入できるコンタクトレンズですが、医療機器であるコンタクトレンズは、購入する前に必ず眼科医の処方を受けることが必要です。これを守っておかないと、将来目の
病気になる可能性があります。

コンタクトレンズは一人一人の目にベストな状態でフィットして、初めて正しい視力矯正効果を発揮します。目に合わないレンズを使っていると、気づかないうちに目を傷つけてしまったり、自覚症状がないまま目の病気を悪化させてしまったりと、大切な目に取り返しのつかないダメージを与えてしまう危険性もあります。

安全に正しく視力を矯正するためには、個人差のある瞳の形状や目の健康状態を専門的な知識を持って診断する眼科医による検査と処方を受けることが不可欠となります。コンタクトレンズを使いはじめたその日から安全・快適に過ごすために、正しいステップを踏んで自分に合ったコンタクトレンズを手に入れてください。

使い捨てコンタクトは原則処方箋は必要ありません。しかしながら必ず最初は目の状態や眼病の有無など様々なデータが必要となります。いくら使い捨てだ、またネットで簡単に購入できたなどといっても、結局は、医療機器であるので眼科医の処方を受けることが望ましい思います。